IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

私はヘリオスの8月の発言についての資料が手元にないので把握できませんが、風説撲滅隊が断定調と誤魔化すのは頂けませんね。断定はしてないということでしょう。あなたがいうような風説、確実に承認申請などとヘリオスは言っていませんよね。

企業の説明資料でアピールポイントを太字にしたり下線を引いたりすることは当たり前のことです、株式会社ですから。資料の他の部分も同じようにアピールポイントだらけでしょう。企業にとって都合の悪いことをでかでかと書く企業がいたら、逆に不自然です。

風説まがいの煽りを何度も繰り返すことこそあり得ません。勇気づける発言を言わないなど当たり前のことで、変に疑いをかけようと思えば、思わせぶりな発言をしたどの企業のプロジェクトでも言えると思います。その後だんまりなのではなく、何も言及しないのが通常なのです。何か悪質な煽りのような発言が何度もあれば方々から注意されます。

  • >>963

    何やらごちゃごちゃ書いてますが年がら年中、治験がいつおわるかなどについてあてにならない情報を発信し続けてきた企業が副次項目に途中から下線を引いてフォーカスして主要評価項目には触れず副次項目の数字が先行の研究にそった結果といいだしてしかもその数字(マルチステム20人20%、プラセボ10人50%)が、有意でもなんでもないはずの数字だったたらそりゃあ煽りやだの煽りアナリストだの会社だのを信じて手拍子で成功間違いなしなんて思ってる方がうかつだと思いますよ( *´艸`)
    特にバイオ企業っていうのは先日もいいましたけどそういうのは日常茶飯事なんですよ(^◇^)。

    最近の途中までいいはずの結果だったのに最後ダメでしたという例は( ^ω^)・・・
    ラクオリアほぼほぼ事件( ^ω^)・・・
    世界中で上市されている統合失調症薬の日本の臨床試験第三相の途中経過見てほぼほぼ大丈夫ですと社長がいいだして( ^ω^)・・・
    その1年後結果はどうなったかといいますとちゅどーん( ^ω^)・・・
    確率事象ですからね(^◇^)そういうことは起こりうることなんですよ(^◇^)
    失敗していると予想しているのですかという質問も愚問ですね(^◇^)確率事象ですから(^v^)だいたいが世界中で上市されている薬を日本で試験をやって関係者がほぼほぼ成功などと言い出してそれで見事失敗するくらいですから。そんなもん、たかだか30名の試験で確実だとか言い出す煽りやや煽りアナリストがおバカだという事が言えるくらいです。
    成功したと発表しても中身はいまいちという事もあり得ますし、p値が書いてない結果で株価はしょんぼりってこともありええるし、申請はするも承認は得られないという事もありえますし、色々なパターンがありえるでしょう。またコロナに限って言うと既存薬あるしタカラバイオのウィルスやアンジェスのワクチンみたいに既存薬あるんで条件付きは駄目です。ちゃんと試験やってくださいってなることもありえますね。