IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>955

主要評価項目については私の勘違いです。確かにヘリオスの書き方が誤解を招きますね。ただし、アサシス社の治験結果の報告でも同様に死亡率を最初に述べています。

ower mortality of 25% in the MultiStem treatment group vs. 40% in the placebo group;
40.2% higher ventilator-free (VF) days, (12.9 VF days in the MultiStem treatment group vs. 9.2 VF days for the placebo group);
27.2% higher ICU-free days, (10.3 days in MultiStem subjects vs. 8.1 days for subjects receiving placebo);

更に、先程私が抜粋した死亡率の話は2019年1月、つまり現治験の組み入れ前からされています。以前から主要項目についての分かりづらさについて言及しており、死亡率についても表に並べてアピールしていました。治験結果が悪いから死亡率を押し出したというのは全く根拠はありません。

In more severe ARDS patients (as evident from a prospectively defined analysis), the difference between MultiStem treatment and placebo was greater – 25% mortality in MultiStem group vs. 50% in placebo group, 14.6 VF days in MultiStem group vs. 8.0 VF days in placebo group, and 11.4 ICU-free days in MultiStem group versus 5.9 ICU-free days in placebo group;

原文では重症患者に絞ったデータは書かれていますが、肺炎に絞ったものは出ていません。たしかに、ヘリオスがより重症かつ肺炎を原因疾患とする患者に対する効果をアピールする意図で書かれているのは間違いないですね。