IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

承認確実だという煽りを個別に叩くのは構わないと思います。しかし単に期待している方々の不安を煽るのは違うのではないでしょうか。信用二階建てをしているような方はここに限らず警鐘を鳴らすべき方でしょう。バイオベンチャーにはそのようなリスクがあるからこそ、上昇幅も大きいのだということは自明ではないでしょうか。

>失敗しているかは知らないけど、普通はそう解釈した方が自然だし、株価もあれ、なんでマルチステムの上市に向けた人材募集がないんだ?という風に動いてるよね。

悪質な風説の流布というのは冗談です。しかし、失敗していると解釈した方が自然というのは明確な根拠に乏しいのではないでしょうか。撲滅隊というくらいですから、株価に関わる重要事項についての予測は避けるべきでしょう。

それと粗を探すようですが、確かに例に挙げられた架空のケースでは10~20%で大幅なp値の変化は起こり得ます。しかしまず、両治験の患者組み入れ進捗はそれぞれ既に9割を超えておりますが、とあるように、15×0.9>13.5人で、組み入れ済み人数は28人もしくは29人となります。あと一人か二人ですから変化率は大きく異なり、あなたの指摘のミスは余計に不安を煽るものとなっています。そして、そんなことはヘリオスも重々承知であり、あと一人二人さえクリアすれば余程通りやすいデータになると期待しての発言であるのかもしれません。Twitterは知りませんが、個別に対応してください。少なくとも社長は確実に承認申請などとは言っていません。

主要評価項目については、2019年の説明会資料にも(重症患者で、更にその傾向は強まった)とかっこ付きで説明済みです。死亡率はアサシス社による二重盲検試験では主要評価項目です。これを言わないと誤解を招きます。2019年1月30日の段階で、「この指標が、日本語訳をした際にわかりにくくなってしまいまして申し訳ありません。」「比較する際の項目は、まずは「28日間のうち、人工呼吸器を使わなかった日数」です。もちろん死亡率などの様々な他の項目も評価します。」と述べているいます。質問が多かった項目だったのでしょう。コロナもあり、重症患者に対する死亡率への関心に配慮したものではないかと推測されます。

引き続き、綿密な調査をお願い致します。