ここから本文です

ヘリオスの出番がきた!

自家細胞を使用する場合、罹患者ごとにiPS細胞の作製から細胞の培養までを行う必要があるため、細胞調整に手間がかかり、罹患者個人間のばらつきが大きくなるほか、製造コストが膨らみ製造期間が長くなるなどの問題で多くの罹患者の方々を治療することが困難になると予想されます。

そのため、ヘリオスは他家細胞を用いた治療方法を確立させることを目指しています。