ここから本文です

急性ないし亜急性の脳梗塞ならともかく
慢性期脳梗塞に治療効果の有意差はでないことは
少し知識のある方なら誰でもわかる内容だ。

そんな材料にも関わらず見事な情報操作により、サンバイオは異常な過熱感を持った高騰をみせ、仕掛けた側も想定外の結果をもたらした。

高値掴みをされた方々には申し訳ないが、少し冷静になれば回避できた事態である。
ただ今となってはもう遅い。

皆が冷静さを取り戻したら、中途半端な株価で買いに入ることはない。
残念ながら、来週半ばまで取り引きは成立しないだろう。


そんなサンバイオの連れ安後に、堅実に研究を進めるブライトパスバイオの増し担保規制解除に合わせた空売り踏み上げシナリオを続けて画策した策士は本当頭が切れる方なのだろう。