ここから本文です
  • >>1114

    物理学から派生する量子力学(他学含め全て):仕組み自体は同じですが・重粒子よりも少し弱い陽子線(治療回数を増す)になります。 そちらに重粒子施設はございません。 
    違い:こちらはかなり大雑把ですが、ある程度は容易に分かると思われます。
    h
    ttp://www.kyorin-pharm.co.jp/prodinfo/useful/doctorsalon/upload_docs/140658-1-23.pdf
    IMRT/2代目(回転稼働が可能)トゥルービームは、がん種と大きさ等々にもよりますが、その後の選択肢としてお考えください。
    3D=CTやMR画像をもとに三次元治療計画装置で~等のことだと思われます・約30年前からの、がん治療施設では必要最低限のものです。
    光イオン・と言うような、効果(奏効)の認められた(治験含め)・がん治療はございません。
    BP免疫、光免疫、その他・国がん全体(非常に細かく分類され)で治験が進められております。
    例:がん種にもよりますが、S4b以上を寛解ではなく、治癒(がん撲滅)を望むのであれば(生命には)それぞれ(他複数)の治療法が必須です。
    マウス実験では(人がん細胞を移植)がん細胞が壊死~消失等・現在でも当前ですが、人間に使用すると?全くの別levelです。                                    では、失礼いたします。