ここから本文です

仮に治験の結果の公表が
今年度末となった場合、
それまではワラントは一切ないと考えていいのでしょうか?
第13回ができるかどうかわからないというときに、
「第14回新株予約券の発行について」などというお知らせが
でてくるおそれはないのでしょうか。
お金の使う目的が違うとか、そんな理屈をこねて、
順番飛ばしてワラントだしてくる可能性はないのでしょか?