ここから本文です

2018年は材料がたまっているので、飛躍の年になるでしょう❗️

Ips-Tの臨床研究の開始発表が、まもなくでは❗️

前回の増資の時も、IR連発していたので、今回も出せるIRが有るタイミングでの増資❗

GRN1相も6月終了から、6ヶ月経つので、このタイミングで発表があるかも❗

ITKの成功が見えてきたから、国に認められた可能性がありそうですね

国立がん研究センターにも非公式でITK-1の進捗状況等は伝えられているだろうし。
ITK 3相も残り3ヶ月で終了❗️
国立がん研究センターと完全個別化がん免疫療法で共同研究❗

今後の材料❗


ITK-1第三相終了(2018年3月)まで後3ヶ月❗

GRN1201メラノーマ第一相終了(2017年6月)結果発表待ちとメラノーマ第2相を免疫チェック阻害剤とするのか?
アメリカでの第2相の非小細胞肺癌(2017年1月〜2019年)前期はブライトパスでして❗
後期はライセンスアウト先とするとの事❗(2018年予定、総額1000億円規模)❗
GRN-1201もライセンスアウトまで、半年を切っているので、進行状況が良ければ早くライセンスアウトの発表等が出るかもしれません?
2017年にIps-T の臨床研究が開始される予定

Ips-Tは早期承認制度で、自社販売を想定!

国立がん研究センターと癌新薬共同研究❗

もしかしたら、、、

久留米大学 KRM19 転移性トリプルネガティブ乳癌のフェイズ2が2017月3月に治験終わって、結果発表待ち状態です。

5月に学会発表もありましたので、良好なのでしょう。流石に第三相は久留米大学では、出来ないと思いますので、

ライセンスアウトの可能性が高そうです。そうなると、、、ブライトパスと提携&
大手製薬会社にライセンスアウトの可能性が高いでしょう?