IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

【ワシントン=金杉貴雄】東京五輪・パラリンピックに関し、米有力紙で中止を求める評論が相次いでいる。ニューヨーク・タイムズは11日、新型コロナウイルスの感染危機の中では大惨事となる恐れがあるとして「中止する時がきた」との寄稿を掲載した。
 寄稿したのは、五輪問題に詳しい米パシフィック大のジュールズ・ボイコフ教授(政治学)。米五輪代表にもなった元プロサッカー選手。東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(当時)が女性蔑視発言をした際はNBCテレビへの寄稿で辞任を求め、大きな影響を与えた。
 ボイコフ氏は「スポーツイベントはスーパースプレッダー(一大感染源)であってはならない」と題した今回の寄稿で、世界的な公衆衛生の危機の中では「科学に耳を傾けまやかしをやめ、五輪は中止されなければならない」と主張した。
 五輪がごり押しされるのは「主な理由は3つ。カネ、カネ、カネだ」と指摘。「そのカネのほとんどはアスリートではなく、大会を運営、放映、スポンサーする人々に流れこんでいる」と強調し、「五輪の主催者は、公衆衛生のために自らの利益を犠牲にするつもりはない」と批判した。
 日本ではワクチン接種が人口の2%未満で、60%の人が開催に反対しているとも指摘。「カネより重要なのは家族、友人、公衆衛生だ。大惨事となる恐れがある時、スポーツの見せ物は価値がない」と断じた。


五輪がごり押しされるのは「主な理由は3つ。カネ、カネ、カネだ」
アメリカ人は皮肉が上手だなぁ。日本では選手批判に傾いてて良い傾向だが、
問題点は感染拡大に繋がるかどうかで、直接的、間接的の有無を問わない。
テニスの錦織君の言うように、開催により1人でも余計に死者が出るなら、
の論点はマトモと言えるでしょう。
パブとか体育館等集会所での放映を一切禁じるとかなら。となってくるでしょう。
止めるに越したことはないが、できん事もない。徹底措置、できますか?だけ。