ここから本文です

US strokeのP2bは既に少なくとも4カ所でサイトオープンしているのを確認できます。
http://www.strokecenter.org/trials/clinicalstudies/study-of-modified-stem-cells-sb623-in-patients-with-chronic-motor-deficit-from-ischemic-stroke

Blind studyの難しいのは前の相で効いたとなると、薬剤投与群に入りたいと患者さんが言われることで、試験の設計上一定の割合でプラセボ群(この試験の場合はシャムオペ)に当たると説明して納得していただかなければならないことです。順調であるが故の悩みですね。

ヘリオスが導入したアサーシスのMSCデータは結構シェイキーだと思っていて、サンバイオの薬剤(細胞)は投与直後にストンと改善効果が出るのに対して、じわじわ後半からしか効果が見えません。acuteとchronicの差はあるにせよMoAを考えると怪しいですね。その点サンバイオのデータはLikelyとみます。

今度の決算で28年1月期は既に修正済みの着地点で決着はついていると思っていますが、29年1月期に織り込み済みのUSstrokeのマイルストーンに加えて、帝人のMSや助成金獲得の話が見えてくるとサプライズ上方修正ですね。