ここから本文です

>>895

>ソニアさんの術前症状が麻痺側の腕がよくみなさんもみたことがある屈曲してしまっている状態になっていればこんな疑問を持つこともなかったのですが、ソニアさんの腕はそうではなかった

なるほどね (^^)。

確かに脳神経外科の脳血管障害の授業では、上肢の屈曲や下肢の伸展はstrokeの重要なsignes & symptomsであると教わるよね。でも、患者さまの症状は必ずしも典型例のように呈されるとは限らないから、そこのところは難しいし、試験を行った先生の評価を信じるしかないというのがこの世界のルールでもある(医師の評価は神聖にして、他人は侵すことが出来ない) (^^)。

個人的には、上がらなかった腕が治療後24時間で上がるようになったというのは、会社の説明でも無理があるように感じますし、ソニアさんの映像が全く演出されていないという保証もないわけなので(アメリカはそういうことやるよね)、追試(検証試験)は必要だと思っていますが。

探索試験というのはケチをつける気になればいくらでもケチをつけられるものですから、現時点での重箱の隅をつつくような指摘はあまり意味がないと思います。

Phase IIbの比較試験の成績を待つべきだと思いますが。。。。

わきから失礼 (^^)。