ここから本文です

ほぅ、SB623はブロックバスターの可能性ありますか。
ならば、長期でみれるならまだまだ時価総額上を狙えますね。

一時期ここに興味もってたんですが、いつのまにかバイオ銘柄敬遠するようになって忘れてたました。ですが、やはりポートフォリオに一つぐらいバイオ銘柄組み込んでおくかと思って調べていたら最近よく話題に上がるここに着きました。
バイオ銘柄敬遠するようになったきっかけはアキュセラなんですがねw
まさかエミクススタトが臨床第2b/3相試験であんなに見事な失敗をするとは思いもしませんでした。
バイオはこれが怖いわけですが、ここのホルダーの皆様の感覚ではSB623は無事に上市できると思われますか?
まあ、上市できると思っているからこそホールドされているのでしょうけどね。
フェーズ1/2aの結果みる限り大丈夫そうには感じるのですが。

バイオ保有するならブロックバスター候補を保有する銘柄でないと。
SB623の適応にはドライ型加齢黄斑変性もあるんですね。この疾患の市場規模が大きいのは知ってます。アキュセラ保有してたので。
まだまだ先のようですがこの疾患にも効果があると凄い事になるでしょうね。