IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

――対外提携を進める事業開発の機能は米国にあるのか?
辻村:実は3月に発表した、眼科用医薬品の研究開発を手がける中国OCUMENSION(オキュメーション)社との網膜疾患分野での提携には上海にいるシンガポール人社員が関与している。今年1月に入社したが、実はこの人物は私の参天製薬時代の部下だ。私はもともと参天製薬などでも事業開発をやっていたこともあって、提携など対外交渉を見ている。
 この提携でキーマンとなったシンガポール人社員は上海にいるが、所属は米国子会社でリモート勤務の形態をとっている。事業開発も含めた日本・アジアの事業用活はこれまた参天製薬出身の山本寛執行役員事業部長が統括する。来年2月予定でシンガポールに販売や事業開発を内容とする子会社を設立することを10月1日に発表した。

配信日時:10/28 09:07
配信元:東洋経済