IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

応援板にすごい投稿を発見。
これが本当なら、治験不調直後に大日本は提携解消を決めていた。発表がこんな時期にずれこんだのはサンバイオ側の意向によるという自分の推測の蓋然性が高くなってきた。


10885

ゴリラックス
12月14日 15:51


大日本は、今年の1月の大暴落の直後電話したら、既に治験の継続はありません。1つの終わりということです。残念です。と言っていました。

サンバイオは、これで終わるわけではないです。
本当に住友さんが言ってたんですか?

という感じでしたので、その後の流れを見ていて、大日本は、まだ続けるつもりになったのかな?ぐらいに思ってました。


ここからわかるのは、大日本住友との提携解消は、サンバイオとしては望んでいなかったし、その事実の公表をできるだけ先に延ばしたかった。この公表が株価に与える影響の大きさを憂慮したからに他ならない。だから大日本側にはとりあえず未定、と言い続けることをサンバイオが要請した。
その間にサンバイオは先駆け指定によってストップ高も演じ、そこそこの株価を維持、その位置での70億あまりの増資を実施。
大日本住友には公表を遅らせることの見返りとして、提携解消時にサンバイオ側に支払われると提携契約条件で決められていたその後の治験費用の支払いを辞退した。
つまり大日本から入ってくるはずの金を捨てて、増資を選択した、というシナリオを自分は推測する。