ここから本文です

先ず現実として先週末にアルゼンチンの株価、通貨が安値更新の暴落。暴落後の戻りを改めて売り直されて安値更新の深刻な状況。

そして、韓国の誤判断で米国が激怒。深刻な代償を支払わせると政府高官がコメント。IMFの管理下後の韓国は外国人に株を握られている。週明け後に強烈なウォンと株売りに遭う可能性が高い。

最後に中国。香港は第2の天安門事件になる可能性がある。そうなれば前は日本の取り成しで国際社会に復帰出来たが、今回は無理。天安門事件以上のダメージになる可能性がある。
リーマンショック以上の大惨事になる危険があるのだ。兎に角今年はヤバイ。