ここから本文です

仮に脳梗塞の治験が始まり外傷性脳損傷も承認した所で何百万人の薬を作るの正直難しいと思うよ。

まずは外傷性脳損傷で確率の高い物に絞り有効性の確認を取り条件・期限付き承認 市販を勝ち取る

その後 人道的現地の治験で拡大治験と言う方法もある。その際は本治験に影響しない。