ここから本文です

>>2612

そんなのは当たり前の事。

治験を進める上での「安全性」と、
上市に至る「安全性」が違うのも、
また当然の事。

ちなみに、そーせい のは、
提携先の前治験で発ガン性が出てきた。

治験が進んでても、
前治験の影響を受ける。

第二相でも、
長期追跡が出来ているわけでは無いから。


>安全性はほぼ第1相~2相でカバーできるのですよ。
>そーせいのような希少癌発現などのケースはまた特別です。
>特にSB623は脳内で一ヶ月で消滅してしまうのでより安全性が高いです。