ここから本文です

中国の全国腫瘍登記センターの推算によると、2015年、中国において新たにがんと診断されたのは429万人、死亡数は281万人で、いずれも世界の3割を占めた。 中国は、罹患数、死亡数でも世界最大規模のがん大国である。