ここから本文です

>>2239

昨今、京大に遅れをとりがちな東大ですから、気合いを入れてるでしょうね!
これは三共から販売になるのかな?
反響大きそうですね。

患者さんからすれば、出来れば開頭手術は避けたいものですから、この薬剤は大きな期待が寄せられることと思います。
γ線治療も術後経過観察が難しいですし、再発の可能性も高いですから、静脈滴下でウィルスが脳幹突破するなら夢のよう。
投与方法は詳しく知りませんが、もし患部に直接注射だとしても開頭範囲が狭ければ身体への負担も軽いでしょうし体力のない患者さんには救いの神です。
私の母は膠芽腫ではないですが、転移性脳腫瘍で亡くなったので、脳腫瘍の治療は特に気になります。政官民一丸となって、この様な薬が一日も早く上市される事を望みます。
テロメライシンにとっても、早期認可に向けて弾みとなるニュースだと思います!