ここから本文です

厚生労働省による国産創薬バイオの終焉。。アンジェのケースで証明された。国産の新薬は儲からない薬価を押し付けられるので、大手製薬会社は高い金額では導出決めない。創薬会社も儲からないから資金調達できないので、研究者と海外へ流出する。厚生労働省は目先の保険制度しか見ないが、国力としての新薬開発能力を失わせた。責任取る気ないだろうから一生厚生労働省の役人を怨む。家族もろとも全員病気になってタヒね!