ここから本文です

>>526

> これって
> 非開示のままだと 詐欺?にならなの

 非開示ではありません。
 上場前の時期にあたりますが、両社が提携の契約を結んだときに、「一定の割合」で分け合うことがすでに開示されています。

オンコリス IR 2008/3/6
https://ssl4.eir-parts.net/doc/4588/announcement4/26167/00.pdf

「更に、第II相臨床試験が終了した後、大手製薬会社へのライセンスアウトが成功した場合には、
これにより得られる収入(契約一時金、マイルストーン、ロイヤルティなど)について、
あらかじめ両社合意の上で設定された一定の割合で分け合う(プロフィットシェア方式)
こととなっております。

当社は日本において独自に開発を進めるオプション権を有する他、
メディジェン社は日本を除くアジア地域に関して独自に開発を進めるオプション権を保有します。
このオプション権の行使により、
当社は日本において、
メディジェン社は日本を除くアジア地域において、
独占的な開発・販売権の許諾を受け、
その対価として両社は、開発の進捗および売上げに応じた一時金を受け取ることとなります。」
 (詳細は原文参照)(2017年3月24日の改訂契約に関するオンコリスIRも参照)

 この文書はよっし~さんが呈示してくださいました。
 メディジェンはオンコリスと二人三脚で開発・治験を分担してくれているほか、自社の経営が楽でないにもかかわらずオンコリスのために「開発協力金」をオンコリスに支払うことで、オンコリスの売上計上ならびに運転資金確保に協力してくれたありがたい共同開発会社です。