ここから本文です

3度目の正直で今度こそは上にいってほしいです
ただ、楽観視してしまうと、これまで何度も繰り返されてきましたが、機関の思う壺のような気がするので、ここは慎重にいきたいですね