ここから本文です

>>5676

悪材料というよりは、材料出尽くしと材料の待ち疲れによる疲労売り、他銘柄のIRによる嫉妬売り、機関など利確売り、これらの売りの初動からの狼狽売り、そしてそれに合わせたエーザイショックくらいですかね。

あとオンコリス自体が急激にあげすぎた反動も相まったかと。ホルダーが支えてるのは導術やそれに準ずるようなIRなどの材料や、本当に調べるほど理想的な取り組んでいるガンに対してのウイルス免疫療法についての取り組み(汎用性や効果(特に併用)、副作用の少なさという)だと思います。が、それさえも揺らぐ下げなので結構疲弊しているとおもいます。