ここから本文です

リボミックの言っていることが正しいと前提にした場合:
加齢黄斑変性症に有効ー>アプタマーが血管の増殖を阻害するため
軟骨無形成症に有効ー>アプタマーが軟骨の成長を促進するため

アプタマーを子供に投与する場合、
血管の増殖を阻害し、軟骨の成長を促進することになりますが、薬になれるかどうか考えれば分かるじゃないでしょうか。

製薬会社が買わないー>損したくないからと思います。
AMEDがお金惜しまないー>6年間で7,8億円投入して、薬になれなくても、痛くも痒くもありません。税金ですから。

悲しい現実です。