ここから本文です

「RiboARTシステム」の活用により、従来なら5~8年かかる基礎・探索研究及び前臨床試験の期間(1年前後のGLP試験の期間を含む)の内、標的タンパク質の決定からGLP試験を開始するための予備毒性試験ステージまでを、約3~4年で実施可能(当社実績)であると考えています。
別にこれは恣意的な嘘や思わへんけどGLPクリアから臨床に行くまでの時間が問題やねんな