ここから本文です

1/2
糞株と呼ぶ阿保博打株に売りを誘ってやった。9-08分 500株冷やし玉を投げてやった。
糞株と思ってる奴らは 狼狽して売っただろう。
本日前場引け後 IRに電話 本社ビルの敷地面積と大阪の工場の敷地に照会した。
先ず台東区の本社 244M2 至近の2014年の基準地価 日経朝刊
第二部 9月19日 A7 台東区 松が谷 本社所在地 1M2 485千円
1億1834万円 基準地価は 実際の取引価格の70~80% 
大阪の工場は借地 地上権あり この会社の権利。
さて本当に糞株か検証するか?
3Qの短信から 負債の部の株主資本の部 未だ 公募、オーバーアロットメントの
資本の部に組み入れられていない状態

資本金         100,000千円
   剰余金      326,801
利益 剰余金     3,350,255

株主資本合計     3,777,056

次に 取引板の EPS 91.5円 BPS 738円 ROE 13.7 ROA 9.6
データー更新日 12月16日とある
じゃ 上記の凄いデーターO/Aも含んでないのか?検証
通期の純利益 520百万円とある。この純利益をO/A後の総株数
5,682,200株で割ると EPSは、91.5円とでる。つまり O/A後のデータと分かる。
ROEは、株主資本合計が小さいと 非常に大きく出る。チェックする方法は、株主資本
比率 を見る。ROAの下にある。13年12月は 44.9% 本年12月は軽く50%を
超える。なぜなら 公募、および O/Aの総株数に 1株当たり会社の取り分 832.5円が上記 株主資本合計     3,777,056千円に加算されるから。更に 上記は、4Q
の利益が 加算されていない。じゃ幾ら?

通年純利益 5.20億円 3Q は 純利益 5.14億円 6千万円が上記利益剰余金
に加算される。3,350,255+60、000千円=3、410,255千円 *1
次に 公募、O/A の総株数に832.5円をかけた金額が資本金+資本剰余金に
加算される= 売り出し株総数 417、500株 X 832.5円
=347、568、750円*2 公募+A/Oで会社に入り 資本増強される金額
では 資本金+資本剰余金はどう変化するか?