ここから本文です

2/6
1880+58引けピン
2019/3EPS 247.5円→PER 7.6倍

ワールドが続急騰、4-12月期(3Q累計)税引き前は3%増益・通期計画を超過
 ワールド <3612> が続急騰。4日大引け後に決算(国際会計基準=IFRS)を発表。19年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結税引き前利益は前年同期比2.7%増の142億円で着地。通期計画の127億円を11.3%上回っており、業績上振れを期待する買いが向かった。


2/25
2160+153高値2189
終値ベースで2100突破だゼヨ

ワールド<3612>は急反発。野村証券が投資判断「バイ」、目標株価3000円で新規カバレッジを行っていることが買い材料視されている。野村證券では、決算発表を重ねることで収益力や事業戦略の実現可能性が株式市場で認知され、低位な水準にあるバリュエーションが見直されるとみているもよう。今期から3年間のコア営業利益増益率は年率3.2%を予想、優先株式償還による配当支払い減少で、純利益は同年率15%での成長とみている。

3/15
2222+160高値2236
終値ベースで2200突破だゼヨ
みずほ證券では投資判断を新規に「買い」、目標株価を3500円としている。

5/9
2437+309高値2458
終値ベースで2400突破だゼヨ
2020/3EPS 297.4円→PER 8.2倍

 ワールド<3612>が急騰、一時300円を超える上昇で2400円台に歩を進め、3月20日以来の年初来高値更新となった。アパレル大手でショッピングセンターや百貨店に出店し、M&Aなど投資事業にも傾注する。8日取引終了後に発表した20年3月期の連結業績予想は、売上収益は2500億円(前期比0.1%増)と横ばい見通しながら、本業のもうけを示す営業利益は166億円(同12.0%増)と好調を見込んでいる。19年3月期は営業利益が148億2700万円と12%強の伸びを示しており、連続2ケタ増益見込みにあることで、これを評価する買いが集中した。更に20年3月期の年間配当について前期実績に19円上乗せした69円を計画、株主還元の強化も物色人気を助長した。