ここから本文です

相も変わらず軟弱な買い煽りを展開されているようでございますな。
下降トレンドからは抜け出せず、180円が限界のようであります。
そのような銘柄に手を出すということは、まさしく愚の骨頂であると申し上げておきましょう。