IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

こうなれば決算で白黒つけるしかない。
利益が出る体質となり、販路は広がり売上は底打ちしてて下がりようがない。

昨年の12月と比べれば生まれ変わったフルッタフルッタ。
この一年、理解者であるラーチ氏の協力やCAMTAの仲間たちの涙もあって辿り着いた。
来期から優待が再開する可能性は高いと思う。
しかし、株価は正当に評価していない。

今日の引け際の戻しもあり、明日の最終日は最低でも200円を期待する。