IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
  • >>1025

    3月2日に増資リリースを発表しました。

    株主総会、株主様セミナーを通して、3月末の債務超過を解消させる決意をご説明してまいりましたが、これが具体的な資本政策となります。

    A種種類株式並びに第8回及び第9回新株予約権の発行(債務超過解消に向けた取組み)

    少し複雑なのでわかりやすく説明すると、

    1.債務を減らしDESで約5億の資本強化(債権者の異動に関するお知らせ)

    2.種類株発行による約7億の資本強化(上場企業株式による払込)

    既に実施中の予約権行使による資本調達も加えて3月末の債務超過を解消させる計画です。

    このスキームが組めたのは、米国人投資家でありEVO FUND代表のマイケル・ラーチ氏との運命的出会いがあったからに他なりません。

    投資家をどういう理由で選んだのですか?とよく聞かれます。

    答えはシンプルです。
    信頼できる人が率いるファンドだから。

    ではなぜ信頼できるのか。

    それは彼の投資哲学です。
    そしてそれを共有する優秀なスタッフ達への信頼です。

    彼の投資哲学は「投資先と投資家が共にハッピーになること」です。

    「社会に価値のある上場企業に対して、例え難しくても、苦境を打破するために知恵を絞って支援することが先決であり、リターンはその後に追求する」という信条です。

    口で言うのは簡単だし、最初は耳を疑いました。しかし彼は一貫してその哲学を行動で証明し、予約権、DES、種類株を組み合わせた先進的なスキームを考案したのです。

    また個人的にこんな話をしてくれました。

    「米国から見ても日本はIPO(上場)のハードルがとても高い。
    大変な努力をして上場しても、一度業績が悪くなれば手の平を返され、救済が少ないのが現実。私はそんな日本の経営者の努力を尊重し、投資家として協力したい。」

    「マネーゲームはしない」「自分の能力とエネルギーを投資先に捧げる」
    そんな彼を信頼し、また人としても尊敬しています。