<重要なお知らせ>掲示板の利用規約について
この度、Yahoo!ファイナンス掲示板の利用規約を改訂いたしましたのでお知らせいたします。
主な修正点として、各禁止事項における詳細説明及び禁止投稿例を追加しました。
規約はこちら→【掲示板】禁止行為、投稿に注意が必要な内容について

【改めてご確認ください】
 ・他人の個人情報にくわえ、投稿者自身の個人情報も削除対象です。
 ・無関係な画像や漫画・アニメなど他人の著作物だと判断される画像は削除対象です。
 ・同様の画像がプロフィールで使用されている場合は、初期化対象です。
ここから本文です
Yahoo!ファイナンス
投稿一覧に戻る

(株)ライフドリンクカンパニー【2585】の掲示板 〜2022/11/23

水は命の源 赤字ならともかく 充分な利益が出ているのに
他社に追従するのは 個人的には好ましくないと思うだけです。
大自然の水のおすそ分けなのです。
消費者目線でブランド価格とは1線をひいて欲しい。
お上のための 消費者物価値上げは由とはしない!!
食品等2%を超える物価上昇は日本経済に有害。。。
生活者に打撃が大きい物価上昇
価格上昇の品目に偏りがあり、物価上昇がそれほど持続性は高くないといっても、エネルギー、食料品の価格が大きく上昇すれば、それが国民の生活を圧迫することには変わりはない。エネルギー、食料品はまさに、生活必需品であり、高い頻度で購入する品目だ。ぜいたく品や購入頻度が低い財・サービスであれば、価格上昇率が高い間その購入を控えれば、消費者は物価高の影響から逃れることができるが、現状ではそれが難しいのである(コラム「2極化傾向を強める国内の物価動向」、2022年1月28日)。そうした品目の購入割合が高い、低所得層や高齢者層が、特に足元の物価上昇による打撃をより大きく受けやすくなっている。

3月時点で、一人当たり賃金上昇率から消費者物価上昇率を引いた実質賃金上昇率は前年比で-0.3%、賞与、残業代などを除いた「きまって支給する給与」で見ると同-0.8%である。賃金上昇が物価上昇に追い付かずに購買力が低下し、消費者はどんどん貧しくなっていっているのである。