ここから本文です

>>133

四季報がどう書こうが短期視点は全く問題外と見ます。株価は先見性を読むもの。
社会保障の充実を目指した消費税アップ、その裏にあるキャッシュレス社会の実現は政府・財務省の巧妙な税収増施策、マイナンバーを普及させ脱税のリスクを大幅に減らせば数千億、数兆円?の税収増も可能と目論んでいるのでしょう。
その先鞭をきって同システム構築で実績を積み上げる会社の将来性はどこまで飛ぶか、今期以降中期視野でも見ものです。