ここから本文です

>>454

三年前の第三者委員会の報告書を読み直すと、怒り・寂しさを感じます。
『佐伯取締役が意図的に売上げを前倒し計上させることを企図していたことまでは認定できなかった』
私が
『まだお客様の意思表示をもらっていないので、売上げ計上はできません。』

①第三者委員会の調査で話していたこと
②その音声を第三者委員会の弁護士に渡していたこと(毎年 営業担当者が勝手にやったということにされると聞いていたので、録音した)

その他
③バックデイト契約を尾崎取締役に指示されていたこと
④経営会議(鈴江社長も当然いる)で指摘していたこと

はどこに消えていったのでしょうか。
第三者委員会って意味がありますか?
社内調査って意味がありますか?

私は、山一證券の社内調査に感服した一人です。
①今後の社会のために
②山一證券で真面目に仕事した人のために
③同じ過ちが起こらないために

すべてをなげうって調査報告書を作成した人たちと真逆のフィット経営者・第三者委員会の皆さんが残念でなりません。

世の中から不正が無くなることは難しいと思いますが、不正が発覚した場合はきっちり対応できる経営者・第三者委員会メンバーたちであって欲しいと常々願っています。