ここから本文です

会社四季報(2019/6/18)の掲載文書は以下のとおり。
「下期偏重」過去最高の受注・開発残高を順調に消化。認知度向上や課題の
人員補強が進み、新規受注・期中引渡しも後半に拡大営業益続伸。