ここから本文です

マザーズに逆風の相場つきなので弱気になるのは理解できます。 こういう時は原点に戻りましょう。 焦ってジタバタしないことです。 
今更ですが 株の基本は業績です。 そしてマザーズの大化けはニッチマーケットのブルーオーシャン銘柄とほぼ決まっております。 大企業と同じ土俵で戦ったところで勝てるわけはないのですから当たり前のことですよね。 

相場が活況な時は誇大妄想に走っても功を奏するかもしれませんが、現状はリスクが大きすぎるかもしれません。

直近IPOで大方の予想に反して化けた銘柄に「歯愛メディカル」というD判定だった企業があります。 御存知のように歯科業界は経営的に難しい状況にあるわけですから 以前のように馴染みの歯科材料屋から卸してもらうという旧態依然とした中間マージンたっぷりのシステムでは厳しくなっているわけです。
少しでも経費削減しようと こっそりとCiを利用する歯科医院さんが非常に多くなっていると聞きます。正しくニッチマーケットでの勝ち組企業であります。

説明するまでもなく フィルカンパニーもニッチのブルーオーシャン銘柄であり、この上ない巨大な太っ腹パトロンが存在しているわけですから なにも狼狽える必要はないと思うのです。これだけ急騰したんです。日柄調整は必要です。