ここから本文です

【思うがままに】
★7日間の「宅建業法」に基づく業務停止処分の最終日。
スキャンダル政治家の選挙当選同様に、一部上場企業TATERU 最高責任者CEO 古木大咲(大株主45.01%)自身も、まさか

「これで、「禊ぎ」「清め」を済ませた、済んだ!」

という、「誤った確信?、妄想?」を、抱いては いないだろうか?

★「身から出た錆」「滅びる原因は、自らの内にある」とはいえ、自ら墓穴(ぼけつ)を掘った最高責任者CEO古木大咲。

★「表」に出て来ての「説明責任」も果たさずに、沈黙、逃隠の日々では、「禊ぎ」の文字は皆無に等しく、むしろ、これからが「裁き」の始まりか?

★直近では、0808(木)15:00~(予定)の「中間決算」発表の数字が、「嬉しい誤算」となるのか、「水の泡」になるのか、あるいは更なる「奈落の底への直行便」になるのか、いずれにしても、前途多難なTATERUの「行く末」を、物語ってくれる?