ここから本文です

本日JR福島駅前ホテル阪神にて大和証券主催による個人投資家向け説明会に参加し社長の会社説明会を約50分聞いてきました。
ホテルの周りは大坂サミット(G20)の影響で駅周辺は交通規制もあり長野県警、三重県警等全国の警察官が応援で警備にあたり物々しい雰囲気でした。
千葉県の社長自らが説明会にお越しになるとの事で、現在時価総額が450億円前後(500億円の東証一部未来基準一歩手前)またエネルギ関連会社で、ホルムズ海峡でのイランーアメリカ問題もあり筍な投資対象銘柄で期待をもって参加しました。
参加した投資家からの質問を大和証券関連会社の社員が任意で選択しそれを社長が答える形式の質疑応答方式でありましたが、採用されたのは非常に陳腐な質問と問答でありわざわざ社長に直接聞く程度のものに非ず、事前に自身で調査できる陳腐な質問でした。
本気で投資の対象として参加しましたが、聞きたい情報が一切取得できず。座席は机も設置されず椅子をぎゅうぎゅう詰めに並べ、人数集めを目的とした会場という印象を受けた。当然投資する気にもなれず残念な説明会であり、別会社に資金を投資する事とした。