IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

就労支援などワークス関連の事業の今後は気にはなるものの、ジュニアなど教育の発達障害の教育支援に関しての需要が急激に下がるとは考えていません。
同業種で就労支援をメインに謳っているウェルビーよりも、リタリコが先にS安になるとは予想外でしたが、元の株価に開きがあったことが要因と考えることにしました。
やっと昨年前半までのボックス下限1,500円前後まで落ちてきたので、長期目的でまたインをするタイミングを探ります。