ここから本文です

ちょっと遅くなりましたが、私も初めて当社の株主総会に出席してきましたので、社長の発言をメインに報告します

・今期はかなり良い受注状況(件数・単価共)なので見ていてください

・前期減損した2店舗は今期黒字予定

・減損した式場も絶対に閉めない、そこで結婚式をしたカップルに申し訳ない。必ず巻き返します

・一式場で最高(稼働率100%で)年間200組の挙式が可能だが、現在は140組。稼働率が大幅に上がれば営業利益率20%も可能なのだが、(注:個人的には好調な店舗は現状20%の営業利益率なのかな、と思いました)

・前期利益が伸びなかったのは、他社に営業で負けてしまったから。当社は値引きしない(安く受注してその後色々なオプションを付けて最終単価を上げるようなブラックな事はしない:当社以外では当たり前のように行なわれており、だからブラックな業界と言われる、、、というような事もおっしゃっていました)

・当社は一人のウェディングプランナーが受注から結婚式まですべてを一貫して責任をもって行っているので、他社より少し営業力が弱かったかも
 ※式場は3ヵ月~1年前に決めて招待状を出すので、基本的に式場の変更ができないため他社は営業で勝負している(営業でとったもの勝ち。なので、、、ブラックな業界と言われるのが、、悲しい)
  → 良い式を挙げても意味がない ⇒ 社員のモチベーションが上がらない
    だから、ブラスは頑張る!!!

・社員の3分の1が料理人。オープンキッチンだと料理人のモチベーションが高くなる。どこよりもおいしい料理を作っているという自負がある。平日(式のない日?)は仕込みをやっているのでレストランをやる予定はない(混乱してサービスレベルに影響するかもしれないので)

・オリコン顧客満足度調査で今年No,1になった。それも13部門すべてでNo,1

・他社は効率を求めるが当社は顧客満足第一で非効率を良しとする
 → いずれどこかの段階で良いことは良い、と認められるはず、、、と想いこれからも愚直に努力を続ける

・就職のエントリーは年5000~6000人あり全国で1、2を争う。なので社員の確保には苦労していない

以上です