IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

最近のIPOの第三者割当増資の株数が確定したようだ(日経朝刊)
ココペリ16万株 ヤプリ35万株 ENECHANGE5万株 Kaizen Platform37万株 ウエルスナビ62万株

東京通信もオーバーアロットメントによる15万株の売出しを行っているが、この借株の返済は第三者割当増資によらず、野村がグリーンシューオプション(貸株人であるYSホールディングスより追加的に当社株式を取得する権利)を行使することが決定している
第三者割当増資を行う会社は大なり小なり希薄化を伴うが、当社が希薄化を生まないスキームを採用したところに株主重視の姿勢が窺われ、好感が持てる

今後業績発展と共にここの発行済株式総数
(4327500株+公募610000株=4937500株)の少なさが、漢方薬のようにジワーッと効いてくるか?