IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

【材料】東京通信は続急騰で年初来高値更新、相次ぐグローバル企業のメタバース参入が追い風

東京通信<7359>が続急騰、一時278円高の1455円まで駆け上がり、値幅制限上限まであと22円に迫る場面があった。株価は今月7日につけた高値1380円を上抜き約3週間ぶりの年初来高値更新。

 スマートフォン向けゲームアプリ開発やネット広告代理ビジネスを展開するが、メタバース分野への展開に注力する方針を打ち出しており、28日には人工知能(AI)や3DCGを機能させたプラットフォーム関連事業を手掛ける合弁会社を設立することを発表している。メタバース分野へは世界の大資本企業も本格的に参入する動きが相次いでおり、直近では独シーメンスが、米エヌビディア<NVDA>と提携して、メタバースの法人向けサービスを提供することを発表、これが東京市場でも同関連株の株価を刺激する材料となっている。

出所:MINKABU PRESS