ここから本文です

温暖化による降雪の有無はさほど大きく影響しないと考えています。(今は)
確かに地球全体の温度は上昇しており、雪の少ない年も増えてきてはいます。
ですが、毎年雪は降っておりスキー場はきちんとオープンできています。
問題はいつ降り始めて、いつまで降るのかが問題で、昨年のように振り始めが早くても3月全く降らないと春スキーに影響が出ます。逆に一昨シーズンのように正月明けまで上部しか降らず、1月2週目から止まずに降る事もあります。
なので標高の高いところ以外のスキー場は厳しい年もありますよね。
北極振動と、寒気の流れ、海水温と気圧配置に注目していると雪の降る傾向なども見えてきますよ。

それよりも先日新しく栂池にできたWOWという施設に行ってきたのですがそちらの報告です。
8/1よりオープンという事で、簡単にいうと設備は水上、空中自転車、ジャンプ系、アスレチック系と4つ出来る予定ですが、2つはまだ未完成。。。お盆前に間に合わせる予定という事でした。
昨年配布された株主優待券が使えますが、まだ未完成のアトラクションと完成済みのアトラクションのセット券にしか対応しないようで、とてもイケていません。
この会社のオペレーション側と経営側の現状把握の乖離を感じます。本社を白馬に移したにもかかわらず、、、その辺り相変わらずですね。
水上アトラクションのみで遊びましたが、アスレチックの数は5-6程。小学生低学年くらいまでは楽しめそうですが、それより上になるとちょっと厳しいですかね。ちなみに監視員2人しかいません。何かあってもすぐに飛んできてくれそうに無いので必ず大人の目がないと小さい子供はマジで危ないです。一応ライフベスト貸してくれますが泳げない子は危ないです。