IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

右肩下がりの直近1~2年以内に上場した銘柄

いつまで下落するかは需給による。
上場時が株価のピークで後は鳴かず飛ばずの事例が多いのは上場企業のモラルの問題?、それとも証券界の事情?、IR不足?単なる不運?

アライドアーキテクツ(6081)

 2013年11月にマザーズ上場

公開価格1700円。初値5600円で大商いとなり、その後は2014年1月の高値6600円まで上昇。
その高値から直近安値、7月9日の664円で下落歩調を続けて時価は700円台前半で推移しています。
Facebook関連銘柄で上場時は人気化しましたが、その後の業績停滞、下方修正、減益などから株価の下落歩調が続いています。

上場時に7億円近い資金を調達し、財務面での問題がない点で、株価の反転待ち状態が続いています。業績の好転がきっかけとなるかと見られます。

(情報提供を目的にしており内容を保証したわけではありません。投資に関しては御自身の責任と判断で願います。万が一、事実と異なる内容により、読者の皆様が損失を被っても筆者および発行者は一切の責任を負いません。)