ここから本文です

お笑いタレント「ロバート秋山」を広告塔にした旅行サイト『エアトリ』の運営等、オンライン旅行事業を手がける東証一部エボラブルアジア(社長・吉村英毅)の業績が芳しくない。同社は昨年5月、競合のオンライン旅行大手DeNAトラベルを買収するなど、水平的統合によりスケールメリットを得るシナリオもあったと思われるが、旅行事業の利益率は低迷している。競合他社M&Aに乗り出す前の17年9月期頃までセグメント利益率は30%前後であったのにも関わらず、近年は1%台に落ち込んでいる。同社は決算で広告費等の先行投資による利幅の低下を強調しているが、実際は過年度のM&Aが上手くいっていないからではないか。