ここから本文です

>>1551

行使価格については確かに揉めてると思いますよ。だからこそ池田株の処分が遅れてるわけです。タイムリミットは双方にとってのカードですが、今回凍傷から通達があり株価がアキュッたので追い詰められたのは池田のほうでしょう。もしもこの時点で引き受け手(一時的なファンド方式かもしれませんが)が内定すらしていないのなら、池田はとっくの昔に持株を売れるだけ売ってますよ。


> 勝手に第三者に引き受け先を決める権利などあり得ないでしょう。

もちろん池田の合意が必要ですが形式的なものかと。上場廃止になれば持株が紙くずになりさらに訴訟(粉飾指示、27年末までに持株比率を10%未満に下げるという約束を反故にした)地獄です。普通の感覚の持ち主なら50億程度勝ち抜けして会社をさりますよ。

>当然開示もないのでしょう。

ないわけないでしょう。48%の株が新規に委譲されるのですよ?そんな情報が開示もされずに実行されてはガバナンスも糞もありませんよ。


>楽観視は時期尚早と考えています。

これについては100%同意ですwww



飽くまでぎゃんぶる…これ…...いかに……