ここから本文です

M&Aをした後の準備が足りなかったと認識していることが国際会計事務所の調査でわかった。買収後の計画や事前の検討が手薄の様子がうかがえる。など準備不足があるとの記事が出ている。
識学のTIGALA社の事業を譲り受けたことは、経営者のM&Aに対する知見が決して高くないところを察知していて、今後の経営戦略として高い評価ができることである。