ここから本文です

LINE Payの手数料0%もよく読むと、専用アプリ経由のみで決済システムを持たない売上の少ない零細店舗しか対象にならないみたいですね。(LINE側もプロモーション費用程度の予算なのでしょう。)
こうした施策によりLINE Payを使う人を増やし、手数料3.45%の普通の店舗でも使ってもらうことにより収益を上げていく目論見なのでしょうね。(LINE Payが普及すれば手数料0%は意味が無くなるので終了するでしょう。)
全ての店舗に手数料0.95%を適用し、革命を起こそうとしているpringと比較してはいけませんねw