ここから本文です

>中国に対する関税を長期にわたり課す可能性があることを示唆。市場では両国の貿易協議が難航しているとの見方が広がり、株価の圧迫材料となった。大統領の発言が伝わると、ダウは一時216ドル安まで下げた。

市場は好銘柄に関わらず操作的に乱高下はトランプ氏になってから激しくなっています。例年であれば一年で最盛期時期も軒並み此処だけでなく下降、または頭打ちとなっています。しいていえば米中共に景気は悪く何時暴落が起こっても不思議でもないと思います。投資は50%程度に控え暴落時に資金温存に徹することが適切です。あの話題の弐億氏さえも買い控え、むしろ特定以外調整され資金温存にされております。