ここから本文です

もう一つ。
ヤマトタケルノミコトは、葦の国平定に向かう。しかし、その地の豪族に囲まれ、
火の海に包まれた。しかし、姉からもらっていた剣を一振りすると、
火は豪族のほうに反転して、その地を焼け野原にして平定。
だから、その地を焼津という。
我が国は、ダジャレで出来上がっているようなもんだ。