ここから本文です

ピアラ<7044>は29日、化粧品や健康食品などのビューティ&ヘルス及び食品領域のオリジナル商品開発のプロデュースを行う「BEATMAKER」を本格的に開始すると発表。
「BEATMAKER」はこれまで同社が蓄積してきたビューティ&ヘルス領域のデータやニーズを分析することで、トレンドの傾向を把握し、商品開発をサポートするサービス。本サービスでは、商品開発については同社が無償で請け負い、発売後のマーケティング支援コストを同社収益とするモデルとしている。

同社は昨年2018年から、商品開発のサポートのテスト運用を行っており、既に国内の有力OEMメーカーとの連携体制も整い、テスト的に開発を開始した商品については、各企業から順次年内発売予定となっている。

今後、さらに多岐にわたるOEMメーカーとの連携体制を整えて、医薬部外品や機能性食品の開発など幅広く企業からの要望に対応していくとしている。
(フィスコ)